モカが、(><!)

久しぶりに、コーヒーのお話です。

去年の中ごろから、イエメン産・エチオピア産のモカが

輸入停止となり、日本の港で止められた状態になりました。

理由は、残留農薬問題です。

当店でもすぐに生豆問屋さんに頼んで在庫のKeepを

お願いし、一定量確保しました。

でも、確保できる数にも限度があり今年の夏過ぎには

在庫も底をつき、店頭から姿を消しました。

いつも、イエメン産のモカを楽しみに買われたり、

飲まれたりしていたお客様には心苦しく感じながら

理由を説明しご理解いただいていたのですが・・・

でも今回の輸入停止にも???がいっぱい

Yさんから詳しく情報を聞くと

「残留農薬の数値自体は、かなり低く一時輸入野菜から出た数値より

低い。また、国産の野菜の基準値レベルかそれ以下」とのこと

では、なんで???

Yさん曰く 「初めてのことなので検疫基準が定められてなく0Kが出せないのかも」

とのこと、そして1年後にOKとは日本の仕事の遅さを痛感させられました。

こんな事だから、経済や行政も発展進行していかない世の中になってしまった

のか~と思う今日この頃です。

もう少し、しっかりしてほしいものですね。



この年末に入って、出荷OKの情報が担当のYさんから

入ってきました。

「よかった!」と喜びましたが、気になるのは品薄状態による価格の動向

それをYさんに聞いてみると・・・・!

なんと、去年の2倍近い価格!!!

「どうなってんねん」と聞いても相場の状態と去年からの値上げの

ダブルパンチで・・・すみません(= =)  とのこと。

確かに、ほかの銘柄も去年あたりから少しずつ上がり始め

今では、全体的に1.3倍ほどに・・・

まあ、理由の一つは(生産国の輸出規制による品薄状態)

二つ目は(世界的な不景気で、世界の投資マネーが先物取引に流れた)

大きくはこの2つなのですが、

はじめの輸出規制は、生産国で安い労働力を少しでも改善しようと

規制することで、出荷値が上がる。これは理解できるし

生産国の人たちの生活が安定、貧困からの脱出ためには仕方のないものですが

二つ目の先物相場は・・・・投資家だけが利益を生むだけで生産国の人々や

本当にコーヒー豆を必要としている我々やユーザーには迷惑な話です。

今回、モカに関しては当店でもできるだけ取り扱えるようにはしたいのですが

値段のこともあり、少し自粛しています。

来年には、店頭に並ぶようにYさんとマスターの駆け引き合戦が

今も行われてます。

もう少しお待ちを(^^)
[PR]

by cafebeans | 2010-12-03 05:44 | コーヒー  

<< ヨコモジの難しさ。 先週から、初入荷です。 >>